様々なタイプの利用者

海外の方との交流ができるシェアハウスがあるのは、やはり東京が多いようです。観光目的での中期滞在する外国人の方がシェアハウスを借りて、観光以外でも日本人と交流をしたいと考えているのでしょう。中部地法や関西にもありますが件数では東京周辺の方が数はあります。

シェアハウスは元々、仕事や観光などの目的で日本に滞在しようとする外国人の方が住居の確保が難しく、部屋が見つからなかったため、日本人はあまり借りなくなってきた少し古い空き家を外国人向けに安く貸し出したことから始まりました。今では日本人の若者向けの物などもあり、比較的一般に広く知れ渡るものになっています。現在のシェアハウスに滞在している外国人の方々は仕事の為日本に滞在している方や観光目的の方、語学等の留学で日本に来ている方等で、特に観光等の旅が目的という方が主流のようです。仕事を目的としている方々は当然、普段から仕事をしていますので社交性やマナー等しっかりしている方が多くいます。観光目的や留学の為という方々はコミュニケ―ションを楽しみに来ている方も多いので、こちらも楽しく交流できるでしょう。また、観光目的の方は様々な国を旅しているという方も多いので、色々な話も聞く事が出来るのではないでしょうか。

共用部分でのコミュニケーションや、部屋のタイプによっては同じ部屋での生活をしたりと、海外の方と身近な交流をする事が出来ます。色々な経験をされている外国の方との国際交流を楽しんでみませんか。